食材を切る上で重要な部分

まな板の厚みを調べよう

これまで薄いまな板を使っていた人は、買い替えた方がいいです。
薄いまな板は、利用しているうちに曲がるので食材が安定しにくくなります。
安定しないと無駄な力が入るので、料理中の負担になってしまいます。
負担を削減することで快適に作業を進めることができます。
おすすめは、厚いまな板です。

厚みがあれば食材がしっかり安定するので、余計な力を入れる必要がありません。
また、切る時の感触もいいので好まれています。
料理は負担が多いので、あまり好きではないと思っている人がいるでしょう。
しかし料理中の負担は、工夫することで軽減できます。
まずは普段使っているまな板を見直しましょう。
安くて、厚みがあるまな板も販売されています。

素材をよく確認しよう

ゴム製のまな板は、管理が楽だと言われています。
傷みにくいので、長く利用できるでしょう。
特に細かいお手入れの必要がないので、面倒なことが嫌いな人におすすめです。
木のまな板は、洗うのが大変です。
しっかり洗わないと汚れが落ちませんし、すぐに乾かさないと腐ってしまいます。
忙しい人は、そこまで丁寧にまな板をお手入れする時間を確保できないでしょう。

ゴム製のまな板であれば、洗って水分を軽く拭き取るだけで大丈夫です。
また、抗菌仕様になっているゴム製のまな板も存在します。
肉や魚などを切ったあとは、よく洗わないとバイ菌が繁殖するので食中毒の原因になります。
ゴムのまな板を買う際は、抗菌仕様と書かれているものを選択しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る