作業しやすくするために

適当に選択した包丁は、使いにくいと思います。 きちんと見て、握って確かめてください。 包丁の刃には、いくつか種類があると知っていましたか。 おすすめは、サーモン型です。 サーモン型の包丁を見つけたら、実際に握って自分に合っているのか判断しましょう。

包丁を選択する時のコツ

調理器具を、自分に合ったものに変えることで料理が得意になるかもしれません。
使いにくい調理器具を、無理に使わないでください。
包丁の形に注目しましょう。
切った食材が刃について、切りにくいと感じている人が見られます。
サーモン型の刃を選択することで、食材がくっつかないのでスムーズに作業が進むでしょう。
今の包丁が持ちにくいと感じているなら、グリップが太いものを選択してください。
すると握りやすくなります。

包丁だけ変えても、まだ食材を切りにくいと感じる可能性があります。
それなら今度は、まな板を変えてください。
厚いまな板は、食材が安定するので切りやすくなります。
また、まな板の素材に注目してください。
ゴム製のまな板は滑りにくいですし、洗いやすいというメリットがあります。
木のまな板も販売されていますが、管理が難しいので面倒なことが苦手な人や、料理の初心者には向いていません。
楽なゴム製のまな板を使いましょう。

フライパンのサイズを、変えるのもおすすめの方法です。
大きいフライパンは、一気に食材を炒めることができるので便利ですが、重く扱いにくいデメリットがあります。
特に女性は、持てずに料理が滞ってしまうでしょう。
軽いフライパンに変えることで、腕に負担を与えずに料理ができます。
底が厚いフライパンもいいですね。
すると均等に熱が行き渡るので、おいしい料理を作りやすいです。
アルミのフライパンは熱伝導率もよく、軽いのでおすすめです。

食材を切る上で重要な部分

まな板は、調理器具の中でもわき役だと思っている人が多いです。 適当に選択したまな板を、使っているのではないでしょうか。 しかしまな板にも種類がありますし、自分に合わないと使いにくいです。 食材を切りにくいと思ったら、合っていない証拠なので買い替えてください。

サイズが小さいフライパン

料理中の負担が大きい人は、サイズが小さいフライパンを使うのがおすすめです。 無理に大きいフライパンを使っていると、重くて扱えなくなります。 負担が大きくなると、作業が滞るので料理がおもしろくないと感じるでしょう。 楽に作業できるようになれば、楽しいと感じるはずです。

TOPへ戻る